社交不安・緘黙のアウトプットブログ

あらゆるもののアウトプットに挑戦

髪の毛に良い栄養素5選

髪の毛にとって良い行動として有名な事は、ウォーキングをしたり、熟睡したり、ストレスを少なくする事などがあげられていますが、食事も大事と言われています。

今回は髪の毛に良いと言われる栄養素についてまとめてみました。

 

髪の毛に良い栄養素

 

タンパク質

髪の毛の主成分はなんとケラチンというタンパク質。

たんぱく質には植物性タンパク質と動物性タンパク質があります。

植物性たんぱく質の食材は豆腐や納豆などの大豆を使った食品が有名です

動物性たんぱく質は、肉類、牛乳、チーズなどが有名です。

どちらの「たんぱく質」が髪に良いかと言うと特に植物性たんぱく質がいいようです。

 

運動をしてプロテインを飲むことも有効のようです。

亜鉛

亜鉛には髪の毛を育てる要素が沢山あると言われているため積極的に摂りたい栄養素の1つです。

 

タンパク質を髪に変えるには亜鉛が必要。亜鉛はビタミンCと一緒に摂取で吸収率が高くなる。

その理由は、亜鉛にはAGAの原因となる5aリダクターゼを抑制する働きや、細胞の再生にも効果があるようです。

亜鉛が含まれる食物は、牡蠣を始めとする魚介類や肉類などに多く含まれている。

アミノ酸

 

食品から摂取したタンパク質が、そのまま髪の毛になるわけではありません。

髪のタンパク質は、18種類のアミノ酸が結合してできたケラチンタンパク質がほとんどを占めています。

その中でもシスチンというアミノ酸がケラチンを多く含む成分です。

 

では、髪の毛を育てるために必要な必須アミノ酸はどんな食料かというと(豆腐、玄米、イモ類、肉、魚、卵)などに多く含まれています。

 

ビタミン類

タンパク質をアミノ酸に分解する過程で必要なのが、ビタミンB群です。その他に髪に良い知られるビタミンとしてはA・C・Eが代表的ですが、各ビタミンの働きは次の通りです。

ビタミンA 頭皮を健康に保つ

ビタミンC 疲労、ストレスの回復

ビタミンE 血行促進 ビタミンB2

B6 毛母細胞を活性化

 

 

鉄分

身体の隅々まで酸素や栄養を運ぶ役目を果たすのが、ヘモグロビン。鉄分はヘモグロビンを作る元になりますので、積極的に摂りましょう。