社交不安・緘黙のアウトプットブログ

あらゆるもののアウトプットに挑戦

【薄毛の原因と対策】正しい育毛剤を選択する方法・正しい生活習慣でフサフサな髪になる?【正常な毛周期は抜け毛から見抜ける】

f:id:kanmokushou:20201212142456j:plain

ちなみに僕はフサフサなのにこの話題に敢えて挑みました!?

正直、ここに記載された内容を実践すれば改善する気がするし、薄毛対策の為、買い物をする際に気を付けるべきことまで分かる内容になっていると思います。

 

抜け毛や薄毛の原因

禿げない為には、まずは、原因を知る事が大事だと思う、原因を知れば改善策が分かるかもしれない!

よく上げられている薄毛の原因はこの二つです。

  • 男性ホルモンの影響
  • 頭皮の血行不良により髪に栄養が行き渡っていない

 原因はこの二つだけでは無いかもしれないけれど、この二つが重要だと言っている人が多い。

もう一つ薄毛には毛周期というキーワードがあります。

毛周期が短くなることで、髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまうため、薄毛になってしまう。

 

毛周期とは「毛が抜け変わる循環リズム」の事です。

 

加齢と共に毛周期が短くなってしまい、薄毛に繋がる事もあるようだ。

また、抜け毛から正常な毛周期か、どうか判断することも出来るようです。 毛根がマッチ棒の頭のように膨らんでいれば頭皮は正常に働いているようです。

薄毛を防止するには

薄毛を防止する方法でよく上げられているのは、こんな感じです。

  • シャンプーを正しく行う
  • 食生活を見直す
  • 生活習慣を見直す

 

 

食生活を改善するための最初の1歩は「食品添加物を控える」こと。

食品添加物とは、酸化防止剤人工甘味料、保存料、発色剤、着色料、などのことをいうようです。

確認の仕方は、購入する商品のパッケージの原材料をチェックすることなどで確認できるだろう。

生活習慣については、喫煙アルコールなどを控えたり、ストレスを軽減させたり、睡眠、運動、食生活、など、とにかく一般的に言われている健康的な生活習慣を実践していくことが大事なのでは無いかと思った。

育毛剤には副作用もあるようです。育毛剤の正しい選び方

f:id:kanmokushou:20201212142630j:plain

育毛剤の効果とは

  • 薄毛の原因である頭皮環境の悪化を改善
  • 新しい髪を育ちやすくし、太く強い髪を育てる

しかし間違った育毛剤を使用してしまうと

  • 効果が無くてお金を無駄にしてしまう
  • 薄毛や抜け毛が更に悪化してしまう

 などのケースもありえます

発毛剤と育毛剤の違い

 

発毛というのは、「新しい毛を生成すること」

現時点で発毛成分として厚生労働省に認められているのは「ミノキシジル」のみです。ミノキシジルが配合されている商品は医薬品の為、ドラッグストアで購入する際は、薬剤師による説明が必要だといわれているようです。

発毛剤は商品によってはミノキシジルの濃度が違い濃度が多い方が発毛効果が高いという。

育毛剤は新たに髪の毛を生やす訳ではなく、「髪の毛を太く育てて抜け毛を防ぐ」という効果が期待されています。

毛を生やしたいなら発毛剤ということになるのでしょう。

 

育毛剤の種類は3種類あります。

 

  1. 医薬品
  2. 医薬部外品
  3. 化粧品

 

 医薬品に指定されたものは育毛剤とは言わず発毛剤といいます、医薬品として認めれていないものは、発毛剤として販売できません。

しかし、悪い噂もあります。ミノキシジルが配合されているものは医薬品に分類されます。医薬品の発毛剤は効果があったとしても、使用を中止したら元に戻ってしまったり反動で以前よりも薄毛が進行したという噂もあるようです。

さらに、医薬品の育毛剤には副作用があるともいわれていて。

  • 勃起不全
  • 精力減退
  • うつ
  • 不整脈
  • 動機

 

などなどです。

 

医薬部外品は医薬品よりも効果や副作用がおだやかで、治療というよりは「予防」を目的としていると考えるのが分かりやすいかもしれません。

育毛剤は使ったらすぐ効果が出るものではありません。最低でも3ヶ月以上は使い続けて、その育毛剤の効果が分かると思っておいた方がいいでしょう。

効果に見合った値段なのかある程度、使い続けた後に判断する必要があります。

育毛剤を選ぶ、ポイントはやはり利用者の口コミを参考にすること、楽天市場やアマゾンで売られている事、などが考えられるだろう。

 

アルコール量の少ない育毛剤は敏感肌の人にお薦め出来るという。

肌への刺激が少なく比較的安全に利用できそうな育毛剤は「ケフトルEXプレミアム」は無添加で、口コミでは髪の毛がふんわりしてきたなどの評価もありました。

 

「GROXIL」は石油系界面活性剤や添加物が一切入っっていない低刺激な育毛剤だという。太くて強い髪を作ることが出来るという

白髪にも効果がある、無添加で低リスクで幅広い薄毛の原因に対処しているようだ。

 

まとめ

 育毛剤と発毛剤は違う、そんな事すら知らないかった。

アルコールを控えるなど、意思の力だけでなんとかなる対策もある。

食品、と、生活習慣もそうです。

育毛剤も買うなら、リスクの少ないものを買いたいと個人的には思った。

僕は、フサフサですけどね!?