社交不安・緘黙のアウトプットブログ

あらゆるもののアウトプットに挑戦

歯科恐怖症を乗り切る為の麻酔3選(治療法)【静脈内沈静法、笑気麻酔、全身麻酔】

f:id:kanmokushou:20210825214119j:plain

歯医者が苦手な人にとって歯の治療で歯医者に掛かる事は歯科恐怖症といって病名化しても可笑しくない程、恐怖と精神的苦痛を伴ってしまうものだと思う。

 

しかし、ネットを見ている内に、一部の歯医者では歯の治療の恐怖を軽減するために3タイプの麻酔方法があることが分かった。

その麻酔方法の名前は

 

です。

 

 自分の住んでる場所は地方なので、気楽にこれらの麻酔を行っている歯科に巡り合えないかもしれない・・・

しかし、知識として知っておけば、いつか、それらの麻酔を行っている歯医者を探して行ってみるのも有りかと思った。

だって歯医者怖いんだもん・・・自分と同じような恐怖心を持っている人にも有意義な知識になればいいなと思う。

 コロナと虫歯の悪循環

今、世の中はコロナ禍です。

コロナが怖くて歯医者に通わない人も増えていて、虫歯が増えているとか。

そして、口の中の最近が多い人は新型コロナウイルスにもかかりやすい上に重症化しやすいと言われています。

口の中のケアがコロナウイルス対策にも有効なのです。

 

歯科恐怖症を乗り切るための治療方法3選

いくら口の中のケアが大切だといっても、歯医者の恐怖を拭い去ることは並大抵の事ではないと思います。

そこで、有効そうな治療方法をまとめました。

静脈内鎮静法

胃カメラを飲むときにも使うと言われている。

眠っているのと起きている狭間の感覚で歯の治療を受ける事が出来るらしい。

 

しかし、全ての歯医者で行われている訳ではない。

 

その理由はとしては以下の3つを上げている人がいた

  1. 静脈内鎮静法を行うことができる歯科麻酔に精通した歯科医師が限られてること
  2. 治療技術は専門性がとても高いものになっていること
  3. 歯科麻酔医が歯科医院に常駐していないため、保険適用外にて歯科麻酔医に出張で来てもらうことが多い

 

ちなみに、静脈内鎮静法(静脈麻酔)の保険適用外の料金の相場は1回50000~100000円だという。

 

さらに処置代・治療代も保険適用外で発生してしまいます。

流石に高いので、保険適用で静脈内沈静法をやってくれる歯医者を見つけるのが良いかもしれません。

 

 

笑気麻酔

口コミをSNSなどで見てみると、効きなどに個人差があるようです。

効いて面白かったと言う人もいれば、ニヤニヤしてしまった人もいるようです。

あまり効かなかった人も居るみたいです。

麻酔の効きに個人差があるって、怖いなぁと思う。

痛いかもしれないと思いながらの治療になってしまうから。

もし、お酒を飲んだみたいな気分になって、ハッピーな内に治療が終わるなら笑気麻酔に興味があるけど、歯医者でやってるか聞いてみようかと思った。

 

 

全身麻酔

 全身麻酔での治療は意識がない状態で治療を終える事が出来る。

治療中に使う水などを誤って肺に飲み込んでしまうような危険も少ないらしい。

一度に多くの治療を行えたりして、通院回数を少なく済ませる事も出来る。

障害を持っている子供の人は治療中に自然に体を動かしてしまったり、返って危険な時があるので、全身麻酔をすることもあるという。

まとめ

まだ、分からない事が多い、例えば、笑気麻酔の値段とか、全身麻酔の値段とか、しかし、これらの名称を知るだけでも、ネット内で検索して知識を広げる事が出来ると思います。

 

また障害を持ってい人は、福祉医療受給者証があると、歯の治療の割引などが受けられる地域もあるようです。

その受給者証の取得の仕方も良く分からない。

 

自分は虫歯だけでなく、社交不安、緘黙、などなどのハンデがあるけれど、やはり不安神経症などを持っている人は歯医者が苦手な傾向があるようです。

もう、恥を超えて笑気麻酔のことなどを尋ねようかと思っています。

 近場にやれる歯医者が無いかもしれないし、あっても遠いかもしれないですけど・・・