社交不安・緘黙のアウトプットブログ

あらゆるもののアウトプットに挑戦

朝倉海さんと中川翔子さんは相思相愛なのではないか?youtube動画から感じられる漢と女の情念、朝倉未来と「海」の性格の違いについて。

f:id:kanmokushou:20210210223138j:plain

現実でほぼ雑談不能状態の僕は、仕事で疲れ果て今日もyoutubeを閲覧していた。

小学生や中学生がするような娯楽しか楽しめない、そんな思想が過ると少し気分が滅入るけれど、今日も気になるyoutube動画を観た。

 

今日観ていた動画、それは、総合格闘家朝倉海が2021年1月20日、自身のYouTubeチャンネル「KAI Channel / 朝倉海」に更新した動画『帰ったら勝手にしょこたんがご飯作って待ってた』という動画です。

 

動画の内容はドッキリで、「しょこたん」こと、中川翔子さんが料理を作って待ってたら朝倉海はどんな反応をするかというものでした。

 

その動画を観て、兄弟である、朝倉未来さんと朝倉海さんの性格の違いについても持論を述べた

 

動画を観て、中川翔子さんと朝倉海さんは相思相愛?と思った

中川翔子さんが、どうやら朝倉海さんのファンのようだった。

そして、料理を食べて、本当に嬉しそうにしている朝倉海さんを見ていると、この人たちは相思相愛なんじゃないか?と感じてしまった。

 

中川翔子さんて歳はそこそこいってるけど、可愛いので裏でどんなやり取りになっているのか、二人の関係性が気になってしまった。

 

 ドッキリだし、最初は驚いていた朝倉海さんですが、中川翔子さんが料理を作ってくれたことを知ると、かなり嬉しそうにしていた。

 

「料理を作ってるところ見たかったな」

などと嬉しそうに語ったりしていた。

そして、突然。

「翔子さん、これ今日だけですか?」

と言ったので、これは、ひょっとして、「毎日作りに来ます」という話にしたかったじゃないか?と思ってしまった。

 

yotubeの動画のコメントでは

「これはもうプロポーズだろ ─── !!!!」

というものまであった。

 

 

その他にも 「お似合いだわ!結婚してくんないかな」

など、もし、二人が結ばれても祝福します、的なコメントが多かった。

 

しかし、中川翔子さんは運動音痴なので、朝倉海さんのDNAが勿体ないという意見もあるらしい。

中川翔子さんの壮絶なイジメ体験からイジメを無くすために書いた書籍を読んだ事がある

中川翔子さんといえば、中学の時にイジメられていたりしたことが有名です。

 

kannmoku.hatenablog.com

中川翔子さんが、イジメられてしまった理由について、「緘黙の言霊」というブログに記載されている

 

スクールカーストの中で、些細な事からレッテルを張られてしまう。

絵を描くのが好きなことを、オタクでキモい子とリーダー格に判断されてしまったのです。

 「ゲロマシーン」と呼ばれてしまった事、ブログからプラスへと人生が好転していったこと。

中川翔子さんは人生逆転させた成功者だと思うので気になる人の一人です。

 

朝倉海さんと朝倉未来さんは同じ兄弟なのに性格が違うと感じた

僕は朝倉未来さんの動画を良く観ていた。

僕自身は大人しく、アウトローとは程遠い陰キャに過ぎない。

しかし、髭を蓄えて、しかも、強い朝倉未来さんに憧れを抱いていた。

この前の、通り魔ドッキリでの、ヘルメットを壊した前蹴りに不謹慎ながら、憧れてしまった男の一人だ!

 

後日、スタントマンにかわされた蹴りはナイフを持った手を狙ったなどと、サブチャンネルなどでも語ってらっしゃいました。

 

女の人を追える距離だし、後ろに動画のメンバーのタクマもいる、だから逃げる訳にはいかず、通り魔と戦う事を選択した、まさに漢だと思った。

しかし、朝倉海さんは支持するけれど、朝倉未来さんは支持しないという人のコメントを今日良く目にした。

僕も、朝倉海さんの動画を観ていて思ったのは、朝倉海さんの方が好青年だと思った。

笑顔が多いし、優しそうな印象がした。

女性にモテそうだと思った。

 少し悪っぽい人に憧れる人は、「未来派」、好青年に憧れる人は、「海」派になるのではないかと感じた

 

まとめ

中川翔子さんは、料理も上手だし、良い大人になったと思った。

朝倉海さんと結婚したら凄いなと思った。

朝倉兄弟は兄弟で活躍してるなんて凄いなと思った。

 

でも、youtubeはドッキリが多いとか、これもヤラセなのではないか、と動画を上げれば数々の疑惑を言う人もいる。

 

世の中は常に疑心暗鬼との戦いでもあるし、youtuberは常にネタを産み出すのが大変そうです。

しかし、お金を沢山稼いでいて羨ましい限りです。